読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画向上委員会

日本支部

この世界の片隅に

 

 

 

最近、話題になる邦画ってアニメばかり。

 

この世界の片隅に』を観てきた。

 

 

f:id:fwkn0870:20170224132058j:plain

 

 

感動した。

 

涙をこらえるので必死だった。

 

でも、果たして泣けて感動できる=いい映画、なのか。

 

私はこの映画をいい映画だとは思わない。

 

私はちょっと、狙いすぎ、と思った。

 

騒動の渦中にある、のんちゃんの声。

 

コトリンゴちゃんの音楽。

 

ジブリっぽい人物。

 

あまりにも、あまりにもじゃないか。

 

一言で言って、

 

あざとい。

 

なにやら、『ソトコト』でも読んでいるような気分になる。

 

この映画はクラウドファンディングで作られたんだそうだ。

 

エンドロールで『投資者』たちの名前が延々と映し出されるスクリーンを眺めながら、

 

お尻の辺りがムズムズしてくる。

 

居心地が悪い。

 

日曜日の教会に招かれたみたいな気分になってくる。

 

で、最後の最後に、この映画の醜悪さを象徴するようなものがスクリーンに...

 

これは言わないでおこう。観てください。

 

一箇所だけ、コトリンゴちゃんの歌う『隣組』が流れたとこが良かった。

 

あの漂うような、切なく、幼い声で歌われた『隣組』は、

 

ド・ド・ドリフの....  の能天気な替え歌の存在を押しのけ、

 

不気味で、恐ろしい歌に聴こえた。

 

のんちゃんとすずちゃんを悲しませるものの正体、

 

みたいに聴こえて。。。