読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画向上委員会

日本支部

La La Land

 

 

 

La La Land 観てきました。

 

 

f:id:fwkn0870:20170316182320p:plain

 

 

監督はデミアン・チャゼル。

 

前作の『セッション』はあまり好きになれなかった。

 

よく言われてることですが、

 

音楽がまるで格闘技のように描かれていて、ちょっと入り込めなかった。

 

ラストのどんでん返しも、ちょっと無理があるような気が....。

 

で、『La La Land』だけど、

 

大好きな 『シェルブールの雨傘』とそっくりなお話。

 

でもやっぱり『シェルブール...』には遠く及ばないなと思いました。

 

美しさも、音楽も、演技も、演出も。。。

 

シェルブール...』は何度観ても、号泣してしまう私ですが、

 

泣かずに観ることができてしまいました。

 

なんていうか『リア充向き』な感じで、過剰なものが感じられなかった。

 

演技の上手い役者たちが、うまく演じている感が最後までつきまとってしまった。

 

劇場を出るとき、ああ...『シェルブール...』が観たい!と思ってしまいした。

 

映画は、特にミュージカルは、もっとおバカであってほしい。

 

座頭市』の北野武や『パリでかくれんぼ』のジャック・リヴェットなら、

 

事もなげに撮ってしまう、あのミュージカルでしかありえない瞬間が、

 

最後まで観られなかった。

 

 

f:id:fwkn0870:20170316182658j:plain

 

 

無念です。

 

賞はたくさん獲りそうな映画ですがね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

君の名は。

 

 

 

 

こちらも大ヒットアニメ、『君の名は。

 

遅ればせながら観てきました。

 

 

 

f:id:fwkn0870:20170225144718j:plain

 

 

 

これは、なんていうか....

 

新しい映画だ。

 

PVに近い感じ。プロモーションビデオね。

 

もしくは予告編みたいな感じ。。。

 

途中から観ても泣けそう。

 

筋に関係なく音楽と画で泣かされた。

 

ぼくはわりと簡単に泣くんで、『泣ける=いい映画』とは思わないんです。

 

でも5分から長くても10分くらいのPVや予告編みたいなテンションと、

 

スピード感は気持ち良かった。

 

『この世界の片隅で』が、

 

片田舎の、い・か・に・も、といった古民家で、

 

かなーり待たされたうえに、

 

オーガニックだけど味が薄い自然食を食べさせられたあげく、

 

脱サラして田舎暮らしを始めたばかりのオーナーシェフの自慢話を聞かされる....

 

感じだとすると、

 

君の名は。』は、

 

タコベルに似ている。

 

待たせません。いばりません。美味しいです。褒めてくれなくて結構です。

 

みたいな感じ。

 

化学調味料使ってますし.... みたいな。

 

 

 

 

この世界の片隅に

 

 

 

最近、話題になる邦画ってアニメばかり。

 

この世界の片隅に』を観てきた。

 

 

f:id:fwkn0870:20170224132058j:plain

 

 

感動した。

 

涙をこらえるので必死だった。

 

でも、果たして泣けて感動できる=いい映画、なのか。

 

私はこの映画をいい映画だとは思わない。

 

私はちょっと、狙いすぎ、と思った。

 

騒動の渦中にある、のんちゃんの声。

 

コトリンゴちゃんの音楽。

 

ジブリっぽい人物。

 

あまりにも、あまりにもじゃないか。

 

一言で言って、

 

あざとい。

 

なにやら、『ソトコト』でも読んでいるような気分になる。

 

この映画はクラウドファンディングで作られたんだそうだ。

 

エンドロールで『投資者』たちの名前が延々と映し出されるスクリーンを眺めながら、

 

お尻の辺りがムズムズしてくる。

 

居心地が悪い。

 

日曜日の教会に招かれたみたいな気分になってくる。

 

で、最後の最後に、この映画の醜悪さを象徴するようなものがスクリーンに...

 

これは言わないでおこう。観てください。

 

一箇所だけ、コトリンゴちゃんの歌う『隣組』が流れたとこが良かった。

 

あの漂うような、切なく、幼い声で歌われた『隣組』は、

 

ド・ド・ドリフの....  の能天気な替え歌の存在を押しのけ、

 

不気味で、恐ろしい歌に聴こえた。

 

のんちゃんとすずちゃんを悲しませるものの正体、

 

みたいに聴こえて。。。

 

 

 

 

 

 

 

沈黙 -サイレンス-

 

 

 

マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』を観てきた。

 

f:id:fwkn0870:20170222092506j:plain

 

159分。

長かった。

前作の『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』も長かったから、

なんとなく覚悟はしてたんだけど、長かった。

 

ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』が大好きだから期待してた、

ストーンズのドキュメンタリー『シャイン・ア・ライト』はやっぱり良かった。

 

 


Shine a Light - Trailer

 

 

ジョージ・ハリソンの『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』も

きっといい映画なんだろう。

まだ観てないけど。

 

 

f:id:fwkn0870:20170222095733j:plain

 

 

普通の映画...といってもスコセッシはもう世界の『巨匠』だから、

大作ばかりなんだけど、

ドキュメンタリー以外の映画の感じは、

『巨匠』黒澤明監督の晩年に似てきたと思う。

一言で言えば長いのだ。

物理的にも、体感的にも。

 

スコセッシには音楽もののドキュメンタリーに専念してもらいたい。